KNOWLEDGE-知識の泉-

知りたいことはここでリサーチ!

*

西山繭子の父は伊集院静!母と姉についても!結婚してる?

      2015/08/26

女優や作家としても活躍している
西山繭子さん。

実父は作家の伊集院静さんです。

スポンサードリンク

生い立ちについて

西山さんは東京都の出身。

当時まだ広告代理店に勤務していた
伊集院さんの次女として誕生します。

しかし、西山さんが
2歳のときに両親が離婚。

お姉さんと西山さんは母親に
引き取られたのだそうです。

ちなみに伊集院さんはその4年後に
女優・夏目雅子さんと再婚しています。

娘二人を抱えた西山さんの母親は
保険の外交員をしていたのだそうです。

母親からは小さい頃に、作家として
メディアにも登場するようになった
伊集院さんを「父親だ」と教えられて
育ったのだそうです。

離婚したわりにはオープンな
感じだったんですね。

13歳のときに初めて伊集院さんと面会。

そこで父に憧れを抱いたのだそうで、
もっと接点を増やしたいと思った西山さんは
芸能界を志すようになったのだそうです。

父親への憧れが動機だったんですね。

女優から作家へ

大妻女子大学在学中の1997年に
テレビのCMでデビュー。

その後は女優として
数々の映画やドラマに出演。

2007年には短編小説集「色鉛筆専門店」で
作家としてデビュー。

同年にドラマの脚本を
手掛けるなど文才を発揮。

やはり血は争えない
ということでしょうか。

のちに伊集院さんと新聞の紙面で
対談した際には、先輩作家として
伊集院さんは西山さんの作品を
「読んでいない」と明言。

さらに「読むレベルにない」
とまで言ってバッサリ。

まぁ“伊集院さんの娘”なんて
親の七光りが通用する世界でもない
でしょうから、厳しくして当然
なのかもしれませんが。

ただ、娘としては「大切な存在」だと
語っており、大切に思っている
ようですね。

最近の活動

現在、37歳となった西山さん。

今現在、独身のようですね。

ちなみに理想の男性は
「父親」なのだとか。

少々、ハードル高いような
気もしますが。

昨年、公開された映画
「バンクーバーの朝日」では
西山さんが小説化を担当。

女優以外の作家としても
キャリアを積んでいるんですね。

今後、文章表現の分野での活躍に
期待がかかるのではないでしょうか。

ぜひ、直木賞作家でもある憧れのお父さんに
近づけるようがんばってもらいたいですね。

スポンサードリンク