KNOWLEDGE-知識の泉-

知りたいことはここでリサーチ!

*

カルロス・ペレスを巨人が獲得!成績・年俸は?動画を紹介!

   

巨人がBCリーグ・福島ホープスの
カルロス・ペレス投手を育成選手として
獲得すると報じられました。

同投手はドミニカ共和国の出身で
日本に来る前はMLBのアトランタ・
ブレーブス傘下のチームでプレー
していました。

スポンサードリンク

どんな選手?

ペレス投手は身長189センチの左腕。

実際のピッチングの映像がこちら
【動画】ペレス投手の投球

外国人独特の豪快なフォームですね。

野球を始めたての
小学生にいそうな感じ。

MLBのマイナー時代は1試合平均2.5個の
三振を取っており空振りが取れる
投手のようですね。

防御率は4.49。

失点が多いのがマイナー止まり
だった原因でしょうか。

18歳でアトランタ・ブレーブスと契約し、
今年4月まで同チーム傘下のマイナーで
プレー。

このマイナー時代は上や下を行ったり来たり
という状態だったとのこと。

2Aといういいところまでは行ってますが、
やはり結果を残せず降格。

定着できなかったところを見ると通用する
レベルではなかったということが
よく分かりますね。

今年4月に自由契約となり、
同年6月にBCリーグの福島へ
入団しました。

2015091601

日本での成績は?

日本に来てからは11試合で3勝3敗、
防御率2.81となかなかの成績を
上げています。

球速150キロの直球とスライダーが
武器なのだとか。

球種から見ても、力で押すタイプ
でしょうね。

往々にしてこういうタイプは
コントロールが命にはなりますが。

まだ23歳という年齢を考えれば、
巨人も今後に期待を寄せている
ことが窺えますね。

いわゆる「伸びしろ」ですね。

まぁ動画のとおりだとすると
ちょっとフォームから矯正したほうが
いいような気もしますが。

育成選手の現実

実際、過去に育成で獲得した選手の
大半が活躍できずに引退しているのが現実。

「ちょっと見所がありそう」というだけでは
やはりプロで生き残るのは難しいんですね。

ちなみに育成選手の年俸は200~300万円。

どこかの「ブラック企業か?」という
くらいに安いですね。

サラリーマンのほうが確実に稼げます。

まぁ一軍に上がって活躍すれば
億単位の年俸も夢ではありませんから
まさに一攫千金ではありますけど。

今後に期待

来年からいきなり活躍するとも考えにくい
ですが、巨人の育成手腕いかんでは
大化けすることもないとは言えない
でしょう。

ペレス投手が東京ドームのマウンドに
上がる日が来るのか、今後の成長に
期待したいですね。

スポンサードリンク