KNOWLEDGE-知識の泉-

知りたいことはここでリサーチ!

*

北斗晶の乳ガンのステージは?予後と生存率などについて!

      2015/09/27

元女子プロレスラーでタレントの
北斗晶さんが乳ガンの手術をされた
ニュースが話題になっています。

手術後にリンパ節への転移が見られ、
それも切除したことが本人のブログで
語られています。

スポンサードリンク

ガンのステージは?

北斗さん自身の報告によればガンの大きさは
2.5センチだったとのこと。

また脇のリンパ節への転移が
あったことからステージは「2」
ということになりそうですね。

ステージ2の場合の
5年の生存率は90%ほど。

かなり高い数字ですね。

ふつうのガンであればステージ2は
少し進行したガンの部類に入りますが、
乳ガンの場合は早期と言っていいようです。

あくまで統計的な数字ですので、
安心はできませんが、この段階で
手術できたのは不幸中の幸いだった
のではないでしょうか。

ちなみにステージ3となると腫瘍の
大きさが5センチ以上となり、転移も
複数に上ります。

5年生存率は70%ほど。

さらにステージ4となると
全身に転移しており、5年生存率は
40%以下まで下がります。

やはり早期発見が大事
ということですね。

2015092602

治療法について

乳ガンの場合、ステージによって
治療法も変わります。

おそらく北斗さんはステージ2だったと
思われますが、この段階になるとやはり
乳房切除に加えて薬物療法が多くなる
とのこと。

ステージ0という超早期発見では
手術と放射線照射のみ。

ステージ1(腫瘍が2センチ以下・転移なし)
の場合は手術と放射線照射、薬物療法も
併せて用いられます。

ステージ1でも切ったあとに
薬物療法が必要なんですね。

それだけ再発が恐ろしい
ということなんでしょうね。

検診の必要性

毎年、検診を受けていたという北斗さん
ですら、ステージ2での発見になって
しまったというのは世の女性にとっては
衝撃でしょう。

通常は腫瘍が1センチになるのに
7~8年以上かかるのだそうですが、
北斗さんの場合を見れば、進行の早い
ガンはその限りではないということ
ですね。

また、北斗さんの場合は発見しづらい
乳頭の真下あたりだったとのこと。

あるいは見つかりづらいことで
発見が遅れたのかもしれませんね。

北斗さんも定期検診の必要性を訴えており
今回公表した理由も乳ガンの啓蒙に
つながればという思いもあったのだとか。

女性にとってはやはりショックですし、
公表するのも迷われたでしょうね。

ただ、芸能人という立場でこういった
情報を発信することは非常に大きな
影響力があるのも確か。

あるいは今回の北斗さんの手術を機に
検診を受けて、乳ガンの発見に至った方も
いるかもしれませんね。

女優の川島なお美さんが胆管ガンで
亡くなった直後ということもありますが、
やはり改めてガンの恐ろしさを感じた
北斗さんのニュース。

これから薬物治療などつらいことがあるかと
思いますが、旦那さんやお子さんのためにも
一日も早く全快されて、またテレビなどで
ご活躍されることを祈りたいですね。

スポンサードリンク