KNOWLEDGE-知識の泉-

知りたいことはここでリサーチ!

*

ボスニア・ヘルツェゴビナに世界最古のピラミッド!本物か捏造か?

   

2006年にボスニア・ヘルツェゴビナの
ヴィスコでピラミッドが発見された
として話題になりました。

その後の調査でなんと1万2000年前に
作られたものだと発表されて衝撃を
与えています。

スポンサードリンク

歴史を覆す発見?

これまで世界最古とされてきたのは
エジプト・ジェセル王のピラミッド。

紀元前2700年前に作られました。

まぁせいぜい4700年前という
ところでしょうか。

ボスニアのピラミッドは
放射性炭素年代測定法によって
1万2000年前のものであると
結論付けられたのだとか。

これが本当なら一気に歴史が
塗り替えられたことになりますね。

しかも同じ場所で5基も
発見されたのだとか。

もうピラミッドの大安売りですね。

発掘調査によってピラミッドの地下に
複雑なトンネルが発見されたほか、
巨大な古墳も発見されたのだとか。

ちなみに地元住民は木々に覆われた
このピラミッドをただの山だと
思っていたのだとか。

まぁそんなものがあるなんて知らない
住民にしてみたらこの発見にはびっくり
でしょうね。

しかもこのピラミッド、頂上から
ビームが出ているのだとか。

あれ?なんだかにわかに
胡散臭くなってきましたけど。

なんでも鉛筆ほどの細さの光の
エネルギーが宇宙に向けて
発射されたのだとか。

次にUFOの目撃証言でも出れば
完全に笑い話ですが。

2015101102メキシコ・太陽のピラミッド

インチキ?

このピラミッドの発見に対して、
地質学者や考古学者は人工物ではなく
「自然の産物」であるとバッサリ。

ピラミッドの形状については地質学では
よくある造形だとして全面的に
否定しています。

まぁ少なくともビームの話あたりは
明らかに怪しいと思いますけどね。

人類史を見ても1万年前といえば
狩猟をおもにしていた石器時代。

ピラミッドの高さは220メートルもあり
果たして当時の人々の力でこれほどの
建造物を作るだけの技術があったのかは
たしかに疑問ですね。

ただ、ボスニア当局がこの発見を
支持しているそうで、否定派の学者たちは
当局も含めて批判しているのだとか。

国がお墨付き出しちゃってたら、
ウソでもみんな信じたくなっちゃい
ますからね。

今やこのピラミッドは観光スポット
にもなっていて人気なのだとか。

まぁ話題性は十分ですからね。

大した元手をかけずに観光誘致できる
わけですから、地元の観光業にして
みたらおいしいでしょう。

このピラミッドを調査している研究チームは
「人工的に切り出した石がある」として
人工の構造物であることを主張。

事実、トンネルは存在するわけですから
1万年は遡らないにしても、なんらかの
遺跡であることは確かでしょう。

人骨や遺物でも出ればはっきり
するんでしょうけど、いずれにせよ
決定打がないというのが現状なん
でしょうね。

ちなみに同ピラミッドを発見した
学者のSam Osmanagichさんはこれだけの
ものを1万年前の人類が作ったことについて
「人間が遺伝子操作で作られた証明だ」と
大胆な持論を展開。

進化論を真っ向から否定してますね。

おそらく学界では変人扱いされる
タイプの人じゃないでしょうか。

なんだかSFまでもが入り混じった
ボスニアのピラミッド。

にわかには信じがたいものが
ありますけどね。

もしボスニアに行かれる際には
ぜひ立ち寄ってみてはいかが
でしょうか。

スポンサードリンク