KNOWLEDGE-知識の泉-

知りたいことはここでリサーチ!

*

北陸観光のバスが台風で水没!舞鶴市バス水没事故で奇跡の生還!

   

2004年10月20日から21日にかけて日本列島に
甚大な被害をもたらした台風23号。

北陸観光バスツアーの乗客たちも
バスが水没し、あわや濁流に流される
寸前の危機に直面しました。

スポンサードリンク

乗客について

北陸観光を利用したバスツアーの乗客たちは
兵庫県豊岡市の元公務員の方々37名。

年金受給者のみなさん
だったそうです。

予定では19日に地元・豊岡市を出発して
1泊2日で北陸を回る旅行となるはずでした。

2015102101

台風の接近

台風の接近については情報があったものの
19日は無事、予定の旅館に宿泊。

翌20日、ついに台風が日本列島に
上陸します。

台風を心配する声もあったものの、
ツアーはそのまま敢行され、
一行は帰路に就きます。

ここでツアー主催者はなんらかの
手を打っておくべきでしたね。

一方、台風は紀伊半島に上陸。

北陸から関西方面に帰るわけですから、
一行はむしろ台風に近づいていく
ことになったわけですね。

すると案の定、高速道路が土砂崩れで
通行不能となり、急遽一般道へ。

夕方にはさすがに暴風雨となり、
「どこかに宿泊を」という話に
なりますが、適当な宿は見つからず。

夜7時半を回ったころ、京都府舞鶴市の
国道175号に来たところで道路が冠水。

その影響でエンストした車のせいで
渋滞が発生し、バスも立ち往生となります。

場所は由良川にかかる大川橋を渡った
ところでしたが、その由良川の水位も
徐々に上がっていきました。

身動きも取れない中、
まさに恐怖ですね。

そうしてついに由良川も氾濫し、
夜9時半になったところでバス内に
浸水が始まります。

水はあっという間に乗客の下半身が
浸かるまでに水位を上げていった
のだそうです。

外にも逃げられないですし、
パニック起こしそうですよね。

なおも上がっていく水位。

追い詰められた乗客たちは、
バスのカーテンをロープ代わりにして
バスの屋根の上に退避。

まぁ屋根に逃げたからといって当然、
外は暴風雨ですから、今度は雨風による
寒さとの闘いになります。

高齢者の楽しいバスツアーが一転、
生き残れるかどうかの瀬戸際に
立たされることになったんですね。

当然、自治体から自衛隊に災害派遣要請が
なされていましたが、暴風雨の中では
ヘリも飛ばせませんし、氾濫した川には
救援ボートも出せません。

文字通り、嵐が通り過ぎるのを
待つしかなかったんですね。

生まれた連帯感

乗客たちは暴風雨の中、お互いに
励ましあったり、歌を歌ったりして
救助を待ちました。

一番怖いのは低体温症でしたが、
幸いにして看護師経験者もいて、
体温を下げないよう「結んで開いて」
をするよう呼びかけたりもしたのだとか。

まさに極限状態の中で身を寄せ合って
必死にしのいでいたんですね。

しかし、深夜2時ごろには屋根の上にいても
水位はヘソのあたりにまで達して
いたのだとか。

もうバス自体が流されても
おかしくない状況ですね。

乗客たちはその恐怖心とも闘って
いたんでしょうね。

ついに救助の手が

そうして明けた21日午前7時、
ようやく救助のヘリやボートが到着。

乗客37名、運転手1名は無事、
救助され、病院に搬送されました。

幸いにして軽度の低体温症が見られる以外に
全員、命に別状はなかったのだそうです。

状況からして、全員が命を落としても
おかしくなかったと思いますが、
やはり乗客同士、みんなで連帯したことが
助かった一番の要因でしょうね。

ちなみにこの台風による
全国の死者・行方不明者は98人。

台風の翌月にはその被害の大きさから
「激甚災害」に指定することが閣議決定
されました。

まさに記録的な台風被害だったんですね。

そんな中で全員が助かった
北陸観光バスツアーの乗客たち。

その行動は集団で遭難したときの
よいお手本といっていいでしょうね。

旅行業者にはこうなる前の迅速な対応を
お願いしたいですが、もし同様の災厄に
見舞われた方には、ぜひこのエピソードを
思い出してもらたいですね。

スポンサードリンク