KNOWLEDGE-知識の泉-

知りたいことはここでリサーチ!

*

瀬戸内寂聴と娘との関係は?胆のうガンを手術!予後は?

   

作家で天台宗の尼僧でもある
瀬戸内寂聴さん。

21歳で結婚、娘さんも誕生しますが、
夫の教え子と不倫関係となり、
駆け落ちするという破天荒な
人生を歩んできました。

スポンサードリンク

娘さんとの関係は?

当時、娘さんは3歳だったそうですので
まだ年端もいかない頃でした。

世間一般から見て、そんな小さな子を
置き去りにして男に走るなんて
非常識きわまる行為ですけどね。

しかし、娘さんとはその後も
交流はあったようで、寂聴さんが
結婚の世話までしてあげたと
後に語っています。

良好な関係であったら
何よりですけどね。

現在、娘さんも70歳を超えており、
お孫さんもいらっしゃるのだとか。

寂聴さんは振り返って、
娘さんを育てなかったことだけは
後悔しているのだとか。

ほかにも後悔することがいっぱい
ありそうですが、そういうあたりが
寂聴さんらしいのかもしれませんね。

2015112201

ガンを克服

2014年に腰部の圧迫骨折で
入院した寂聴さん。

そのときに胆のうガンが見つかり、
摘出手術を受けました。

90を超えて手術とは
体力ありますね。

手術後はリハビリ生活を送り、
あまりのつらさに「生きているのが
嫌になった」と本人は語っています。

胆のうガンは上皮に留まって
いるものがステージ0。

粘膜や筋層に留まって
いるものがステージI。

胆のう内とリンパ節にまで
広がっているものがステージII。

胆のう壁を超えて遠くのリンパ節にまで
広がっているものがステージIII。

他臓器まで転移しているものが
ステージIVとなります。

現在、お元気になられている
様子からしてステージ0かI
だったのではないでしょうか。

ただ、胆のうは粘膜が薄いので
転移しやすいとのこと。

5年生存率はステージIで90%、
ステージIIで75%、
ステージIIIで40%
ステージIVではさらに
低い数字となっています。

しっかりと術後の経過も
観察したほうがいいでしょうね。

半年に及んだ入院生活で
「うつ」状態にもなった
という寂聴さん。

自分がうつになったと気付いてからは
本を読んで小説のことを考えるように
して、うつに打ち勝ったのだとか。

自分でなんとかしてしまう
あたりがすごいですね。

現在では法話や執筆活動を
再開しているのだそうです。

90超えてガンにまでなって
元通りに復帰するって、
まさに超人的ですね。

ガンが見つかったのも
「仏様のおかげ」と語る寂聴さん。

過去には東日本大震災の被災地を
慰問して回り、疲労からやはり骨折した
こともあるのだとか。

そのときにも復帰しているわけ
ですから、神がかっていますね。

ぜひお体を大切にしつつ、
これからも活躍されて
ほしいですね。

スポンサードリンク