KNOWLEDGE-知識の泉-

知りたいことはここでリサーチ!

*

カール・グゲイジャンの完全犯罪!50以上の銀行で強盗!現在についても

   

1970年代に「金曜日の銀行強盗」
と称されて全米を騒然とさせた
カール・グゲイジャン。

綿密に計算された計画によって
50以上もの銀行強盗に成功した
まさに大泥棒でした。

スポンサードリンク

プロフィールについて

グゲイジャンは
ペンシルバニア州の出身。

両親はトルコの隣にある
アルメニアからの移民でした。

グゲイジャンは15歳の頃にお菓子屋で
盗みを働き施設に送られます。

どうやら子供の頃から素行が
悪かったようですね。

そして施設から出た後も更生することなく
犯罪を繰り返していたという
グゲイジャン。

その頃からかなり念入りな計画で
実行していたそうですので、
こうして犯罪者としての芽が育って
いったのかもしれませんね。

そんな彼も頭脳は明晰だったようで
ヴィラノヴァ大学で電気工学を
学び、さらに米軍の軍事プログラム
にも参加。

米軍で特殊訓練を
受けたのだそうです。

頭のいい人間が軍事教練で
鍛えられたらもう最強でしょうね。

グゲイジャンの場合、まさに
その技能を悪いほうに転用して
しまったんでしょうね。

軍事課程を終えて、ペンシルベニア大学で
システム分析の修士号を得て、さらに
ペンシルバニア州立大学で統計と確立の
博士課程を修了。

そんなに頭が良ければ学者や
有名企業への就職も容易だった
と思いますけどね。

名うての銀行強盗に

卒業後に彼が取り組んだのは
銀行強盗の計画でした。

さすがというべきか、グゲイジャンは
銀行の場所や日時、段取りに至るまで
じつに綿密に計算。

銀行は小さな町の銀行で
しかも高速道路の近くの
位置にあるところをチョイス。

逃走ルートまで考えての
ことですね。

時期は日が落ちるのが早くなる
秋から冬にかけて、
日時は金曜日の閉店後。

一般の客もいない時間帯で
暗闇に紛れて逃走しようという
わけですね。

実際に銀行に押し入って逃走するまでを
ほんの数分で実行し、警察が駆けつける
ころには遠くに逃げ切っていたのだ
そうです。

ルパンもびっくりですね。

そうして30年で50以上もの銀行強盗に
成功し総額で200万ドル(約2億4000万円)
もの大金を強奪しました。

しかも一度も捕まらなかったんですから
もう見事と言うほかないですね。

2015120101

ついに逮捕

そんなグゲイジャンも
2002年についに逮捕されました。

1970年代から逮捕されずに逃げてこられた
というのも十分にすごいですよね。

逮捕のきっかけは、森に隠していた
強盗の道具類を近所の子供たちに
発見されたことでした。

この証拠物件を元にプロファイリングし
住民に聞き取り調査をした結果、
グゲイジャンが捜査線上に浮かんで
きたのだそうです。

偶然とはいえ、子供らは
お手柄でしたね。

現在について

グゲイジャンは現在、
ニュージャージー州で服役中。

当初115年の懲役刑とされていましたが、
彼の起こした未解決事件について
情報提供することで17年に減刑された
のだそうです。

いわゆる司法取引ですね。

さらにその銀行強盗の腕前から
銀行と警察のための対銀行強盗の
トレーニングビデオの制作にも
同意したのだそうです。

強盗のことは強盗に聞くのが
一番ですからね。

現在、施設の中で囚人相手に
教壇に立ち、微積分学の講義も
しているのだそうです。

それが本来、彼が取るべき
真っ当な道だったと思いますけどね。

2021年の夏には釈放される
というグゲイジャン。

そのころには70歳を超えていますが、
ぜひ更生して、その頭脳を世のため
人のために使ってもらたいですね。

スポンサードリンク