KNOWLEDGE-知識の泉-

知りたいことはここでリサーチ!

*

ドイツの薬局で強盗!犯人はなんと母乳を噴射!一体何者なのか?

   

2014年の10月、ドイツのヘッセン州で
強盗事件が発生。

犯人は女性で、なんと胸を露出させ、
母乳を噴射してかく乱してきたのだ
そうです。

スポンサードリンク

犯人とは?

犯人の女は35~40歳くらいで
黒髪をポニーテールにしていた
とのこと。

また、外国語を話していたそうで
ドイツ人ではない可能性も
あるようです。

この犯人が捕まったという情報は
見当たりませんでしたので、
いまだに逃走中のようですね。

しかし、母乳を噴射してその隙に
強盗を働くとは前代未聞。

まさに捨て身の攻撃という
ところでしょうか。

ちなみに現地警察は犯人を
「ミルクスプレー」と呼んで
捜査しているのだとか。

なかなかのネーミングセンス
ですね。

2016010501

事件の詳細

このミルクスプレーは初め
搾乳機を購入にやってきた
とのこと。

会計をしにレジへやってると
20ユーロ(約2500円)に対して
200ユーロ札を(約25000円)を
店員に渡した次の瞬間、自分の
胸を全開にして母乳を噴射。

店員や客がひるんでいる間に
陳列棚をメチャクチャに。

まぁいきなりそんな場面に
遭遇したらみんな唖然とする
でしょうね。

周囲の制止も聞かずになおも
母乳を噴射し、陳列棚を
荒らすミルクスプレー。

そうしてそのまま逃走して
いったのだそうです。

購入しようとしていた搾乳機は
そのまま置き去りだったのだとか。

あとでレジのお金を数えたところ
100ユーロ(約13000円)足りなかった
そうで、ミルクスプレーが混乱に乗じて
強奪していったとみられています。

しかし、たった13000円を奪うために
こんな犯行を計画していたん
でしょうか。

ただ、よく考えると2500円の商品に
25000円支払ってお釣りをもらっていない
ことを考えると、差し引きでは
損していますよね?

これはやっぱりそういう
趣味の人だったんでしょうか。

レジから100ユーロを奪ったのも
行き掛けの駄賃だったのかも
しれませんね。

捜査にあたっている現地警察は
事件について「まったく信じられない」
とコメントを寄せています。

その気持ち、よく分かりますね。

まさにルパンも真っ青の女泥棒。

ぜひ捕まえてその犯行動機など
詳しい話を聞きたいものです。

スポンサードリンク