KNOWLEDGE-知識の泉-

知りたいことはここでリサーチ!

*

エスレフ・アーマガンのWiki!盲目で絵画を描く画家!その技法とは?

   

トルコの画家である
エスレフ・アーマガンさん。

生まれつき目が見えないにも
関わらず見事な絵画を描き
続けています。

スポンサードリンク

努力により開眼

エスレフさんはトルコの
イスタンブール出身。

貧しい一家に生まれた
のだそうです。

生まれつき目が見えなかった
エスレフさんですが、画家に
なりたいという夢を諦めきれず
鍛錬に励んだのだとか。

目が見えていても画家になるのは
難しいですが、全盲でそれに挑む
とはすでにすごい挑戦精神ですね。

そうして35年の月日を経て、
独自で絵画を描き上げる技術を
習得しました。

驚異の技法とは?

エスレフさんは対象物に手で触れた後、
構図を決めてから、なんと筆を使わずに
自らの手を使って絵の具で着色を
していきます。

触ることで頭の中にイメージを描き、
それを形にしていくということ
でしょうか。

まるでスキャナー装置や
3Dプリンターみたいですね。

その技法によって静物から風景など
なんでも描いてしまうというから
本当にすごいですね。

使用しているのは乾燥が早い
アクリル絵の具。

その色使いもとても鮮やかです。

今や世界中の画廊にエスレフさんの
絵画が出展されているのだそうです。

これは世界的な画家になった
という証明ですね。

それにしても絵画を描く技法は
すべて独自で身につけたといいますから
並大抵の努力ではなかったでしょう。

全盲というハンデを背負ってなお
努力を重ねたその姿勢は尊敬に
値しますね。

2016011801

分析の結果

当然ながら研究者としては
エスレフさんの脳内で何が
起こっているのか知りたいもの。

実際に米国ハーバード大の研究者
アメディ、レオーネ両博士が
エスレフさんを招いて描画中の
彼の脳内を分析したのだそうです。

するとその脳内では
「視覚野」が活発に活動。

視覚野は通常、物が見えている人の
脳内で活動している部分です。

この結果には両博士も
驚いたのだとか。

物が見えたことがないのに
見えている人と同じ動きを
していたんですね。

こういうことがあると、
「本当は見えているのでは?」
なんて疑いたくなりますが、
そういう事実はありません。

過去にどこかの国でゴーストを
使った自称・耳が聞こえない
作曲家がいましたけどね。

まぁ一緒にしたらエスレフさんに
大変に失礼ですが。

CMでも活躍

過去にはスウェーデンの
自動車メーカー・ボルボ社の
CMにも出演。

ボルボの新車を描き上げる様子が
放映されて話題になりました。

ちなみにこのとき描いた絵画は
オークションに懸けられ
約26万円で落札。

その全額が世界盲人連盟に
寄付されたのだそうです。

じつに粋な計らいですね。

まさに不世出の全盲画家
であるエスレフさん。

これからも独自の技術と感性で
すばらしい絵画を描き続けて
もらいたいものですね。

スポンサードリンク