KNOWLEDGE-知識の泉-

知りたいことはここでリサーチ!

文化

深谷義治(帰還兵)のwiki!中国でスパイ活動!20年も獄中に?

投稿日:2015年8月13日 更新日:

戦中・戦後にかけて中国でスパイ活動の
任務を行っていた深谷義治さん。

中国当局に捕まった後は、20年に渡って
過酷な取調べを受け続けたのだそうです。

スポンサードリンク

特命でスパイに

深谷さんは島根県大田市の出身。

22歳で召集を受け、浜田歩兵第21連隊に
入隊し、中国へ渡ります。

そして、陸軍の憲兵志願試験に
合格し、憲兵となります。

憲兵は陸軍直轄の
いわゆる「軍事警察」です。

1940年、深谷さんは現地の人間に
なりすますよう極秘任務を受けます。

軍服を脱ぎ、商人になりすまし、
さらに中国人の陳綺霞さんと結婚。

主な任務は情報収集と偽造通貨を
使用して貨幣相場を混乱させること
だったのだそうです。

こういうスパイが日本人にも
実在したんですね。

ちなみにスパイ活動の一環で結婚しましたが
奥さんとの夫婦仲は円満だったようで、
3男1女に恵まれたのだそうです。

スパイ活動を続ける中、次第に戦局は悪化し
ついに終戦へ。

終戦後、深谷さんの上官は捕虜になっていた
そうですが、なんとその収容所に
深谷さんは潜入。

さすがスパイですね。

再会した上官から命じられたのは
「任務の続行」でした。

中華人民共和国が建国される中、
深谷さんは、なんと13年間も
「尤志遠」という中国人として
潜伏し続けていたのだそうです。

日本が敗戦したことも知っていたはずですが
ここまで任務に忠実だったのは、根っからの
軍人だったからなのかもしれませんね。


次男・敏雄さん著
日本国最後の帰還兵 深谷義治とその家族

逮捕・投獄

中国国内で任務を続けていた深谷さんですが
1958年ついに当局に逮捕されてしまいます。

投獄された深谷さんを待っていたのは
過酷なまでの厳しい取調べでした。

取調べに対し、深谷さんは戦時中の
スパイ活動は認めたものの、戦後の
活動については一貫して否認。

それが拷問という取調べへと
エスカレートさせたようです。

国も国ですから“人権”なんて
考え方も皆無だったでしょうね。

その拘禁生活は20年4ヶ月も続いた
そうですので、まさに超絶的な過酷さ
だったことは想像に難くないですね。

実際にこのときの取調べで受けた暴行により
のちに脊椎が変形して身長が縮んだり、
言葉が発せられないなどの後遺症に
苦しめられたのだそうです。

このようなつらい目に遭ったのは
家族も同様で、長男は無実の罪で
9年間も投獄。

一家は貧しい生活を強いられた上に、
子供たちは日本人の子供ということで
いじめられたのだそうです。

家族までもあまりにもつらい目に遭われて
いたたまれませんね。

帰国へ

1978年、日中平和友好条約締結に伴う
特赦によって深谷さんはようやく
釈放されました。

すでに居場所のない中国をあとに、
一家は深谷さんの故郷である島根県の
大田市に移り住みます。

帰国してみると軍人に支給される軍人恩給を
何者かが虚偽申請して横領していた
事実が発覚。

支給額が大幅に減額され、またもや一家は
困窮する憂き目に遭ったのだそうです。

どこまで過酷な運命なのかと
ふつうなら絶望してしまいそうですね。

再三、国に支給の見直しを
要求したそうですが、認められず。

これは国のために散々尽くしてきた
功労者に対してあまりにも冷たい対応
じゃないでしょうか。

帰国して30年以上経つ現在に至るまで、
要求は認められていないのだとか。

そして今年4月21日、寝たきり状態だった
深谷さんは広島市内の病院で死去。

享年99歳でした。

拷問の後遺症で体はだいぶ
不自由だったのだそうです。

その拷問の際には「罪を認めれば
優遇してやる」といった甘言も囁かれた
そうですが、深谷さんは一切応じなかった
のだとか。

最後まで日本を裏切らなかった
その気骨はたいへん立派ですね。

日本で最後の帰還兵だった
深谷義治さん。

その不屈の大和魂に敬意を払うとともに、
ご存命のご家族が日本で幸せに過ごされる
ことを祈って止みません。

-文化

執筆者:


  1. 今TVでミテマ より:

    しかし、ひでえなあ日本国家。
    本当の糞国家、こんな国の為に働くなんてあほらしくてやってられん。普通はスパイには多額の報酬をやるもんなんだ。
    それで人心掌握するんだが、こんな事をしていては、国の為に働く諜報員は育たない。
    キチンとギャラ払えばよかったのに。

  2. 愛国者の一人 より:

    軍人恩給を不正受給する輩がいたとは・・実に酷い話だ!
    深谷さんがスパイ任務に付いてるという極秘情報を知っていたごく少数の元憲兵隊幹部の非道な行為なのであろうか?
    それにしても、戦後の中国でのスパイ活動の詳細と日本政府との関わりが気になる・・

  3. 日本人 より:

    これは本当の話なのか?と、
    朝日放送で見てしまったので、また偏向報道ではと疑ってしまいますね。
    日本人を貶めることに手段を選ばない局なので。今まで何回騙されたことか。
    朝日放送、朝日新聞、毎日新聞などの情報を鵜呑みにしてる人がまだ居るでしょうが、何も知らない人はそういった情報に踊らされないで欲しいですね。

  4. 日本人です。 より:

    朝日放送、朝日新聞や毎日新聞などが深谷さんを取り上げるのは止めて頂きたいですね。本当の話なら朝日や毎日新聞が取り上げると深谷さんが浮かばれないでしょう。
    信用されないから。

  5. 自業自得 より:

    スパイが拷問されてひどい目にあわされるなんて、当たり前だし、深谷って人の自業自得でしかない。
    スパイとして逮捕されて死刑にならなかっただけラッキーだったレベル。
    偽札の製造とか国家転覆を狙った大罪人。

  6. うわべだけのお涙頂戴はいらない より:

    テレ朝だ毎日だ言ってる人は冷製に考えてみろよ。
    終戦後にスパイ活動(しかも偽造紙幣製造を含む)してたなら普通に国際法違反だぞ?
    放送した局を非難するなら戦後ずっと日本を支配してて、当然戦後スパイを把握してた自民党を非難しろよ。

    深谷さんにとっては悲惨な出来事だったかも知れないけど、申し訳ないが中国や韓国の事をとやかく言えない、ある意味自業自得だぞ。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

モニュメンツ・メンたちの活躍!ナチの略奪美術品を守った英雄たち

第二次世界大戦中、ナチスから美術品を 守った連合国軍の特殊部隊「MFAA」。 「ミケランジェロ・プロジェクト」 というタイトルで映画にもなりました。

谷崎潤一郎の女性関係が奔放すぎる!墓所や子供についても!

近代日本文学の代表的な 作家の一人である谷崎潤一郎。 その作風と同じく、女性関係も かなり奔放なものでした。

市瀬朝一さんの苦悩の物語!犯罪被害給付金制度の創設への取り組み

横浜に住んでいた市瀬朝一さんは 町工場の経営者でした。 自分の跡を息子さんに継がせるつもりで いましたが、ある日、その息子さんが 突然の凶刃に倒れてしまいます。

ラエラ陽子さん「アルベロベッロ」に住む日本人!土産物店を経営

イタリア南部にあるプーリア州 アルベロベッロ。 世界遺産にも登録されたこの街に 土産物店を夫婦で営む日本人 ラエラ陽子さんが住んでいます。

中村元(水族館プロデューサー)の経歴や出身大学について!

水族館プロデューサーとして全国の水族館で プロデュースを手掛けてきた中村元 (なかむら はじめ)さん。 1980年代のラッコブームの仕掛け人も 中村さんでした。