KNOWLEDGE-知識の泉-

知りたいことはここでリサーチ!

ニュース

ティム・ワトソン(バス運転手)がすごい!誘拐犯を逮捕に導いた方法とは?

投稿日:2015年9月14日 更新日:

米国カリフォルニア州でバスの運転手を
しているティム・ワトソンさん。

自分のバスに誘拐犯が乗っていることに
気付き、犯人逮捕に貢献しました。

スポンサードリンク

誘拐事件に遭遇

事件はサンフランシスコ州の
図書館で起こりました。

母親と一緒に来ていた3歳の男児が
忽然と姿を消します。

米国では児童の誘拐および失踪事件があった
場合に緊急速報が流されますが、このときも
男児の失踪を受けて速報が流されました。

ワトソンさんはこの緊急速報を確認しており
自分のバスに速報で報じられた服装と
そっくりの子供が乗っていることに
気付きます。

「すぐに連絡すれば・・・」
と思いきや、隣には若い男が同乗。

子供の表情は涙ぐんでおり、普通に考えれば
この男による誘拐ですよね。

ワトソンさんは確証を得るため、
服装とともに子供が履いている
履物をチェックしようと思案。

「車内に忘れ物のリュックは
ありませんか?」と話をでっち上げ
バスを路肩に停車。

相手に怪しまれない、じつにナチュラルな
シチュエーションですね。

ワトソンさんは座席をチェックする
ふりをして子供の履物をチェック。

速報にあった赤いクロックスであることを
確認し、まさに今、誘拐現場にいるという
確証を得ます。

実際、そんな現場に居合わせたら
ドキドキでしょうね。

2015091501

機転を利かせて逮捕

誘拐犯とその被害者の子供であることは
分かったものの、事を荒立てれば何を
されるか分からない状況。

ワトソンさんはまたもや一考。

電話を取り出すと、さっきの演技と合わせて
「リュックはなかった」と報告するふりを
して、なんと警察に通報。

犯人を目の前に偽装電話をかけるなんて、
まるでドラマや映画のワンシーンですね。

ワトソンさんも電話をかけている最中は
犯人に気取られぬようにナチュラルな
演技を心がけていたのだとか。

まぁドラマや映画では簡単にやって
のけますけど、目の前で命が懸かっている
と思えば、ガッチガチに緊張して
声震えちゃいそうですけどね。

こうして気付かれることなく通報したことで
次の停車場で警察が待機し、犯人は御用に。

子供も無事に保護されました。

子供が無傷で帰ってきたことが
なにより本当によかったですね。

犯人について

犯人の男は23歳の
アルフォンソ・エディンソン容疑者。

逮捕された同容疑者は
取り調べに対して容疑を否認。

彼の弁護士は「子供を母親の元に返して
あげる途中だった」と主張しています。

いやいや、だったらまず
警察に連れて行くでしょうよ。

じつは同容疑者、数ヶ月前にも暴力事件を
起こし、執行猶予2年の処分を受けて
いました。

どうも札付きのワルだったようですね。

ワトソンさんが気付かずにスルーしていたら
どうなっていたか、考えるだけでも恐ろしい
ですね。

英雄に

まさにとっさの機転を利かせて、
見事、犯人逮捕に貢献したワトソンさん。

「英雄」として称えられ、
表彰も受けたのだとか。

これは文句なしの称号でしょう。

その機転と度胸は尊敬に
値しますよね。

さらわれた男の子も怖い思いをしたでしょう
けど、これからワトソンさんのような立派な
大人に成長することを願いたいですね。

-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

チリ北部・カミナの悪魔の湖!血の色に染まる湖の原因とは?

南米チリの北部にある町・カミナ。 ここには現地の人々も恐れる “悪魔の湖”があるのだとか。

藤山シン(SHH代表)のWiki!ホンジュラスで活躍!現在の活動は?

中米・ホンジュラスの貧しい村で 救済活動に取り組んできた藤山シンさん。 自らStudents Helping Honduras(SHH)を 立ち上げて数十万ドルもの寄付を集めるなど 精力的に活動してき …

ネグレリア・フォーレリの恐怖!脳を侵食するアメーバ!治療薬は?

人間の体に入り込むと脳を蝕んで 死にまで至らしめるアメーバ 「ネグレリア・フォーレリ」。 米国や日本でも過去に死者が 出たことがありました。

新谷保志がセクハラで謹慎処分!妻は元アナウンサー!子供はいる?

日本テレビの新谷保志 (しんや やすし)アナウンサーが 制作会社の女性に対するセクハラ行為で 謹慎処分になっているとのこと。 同アナウンサーは同処分により 今年の箱根駅伝の中継からも 外されていたのだ …

バングラデシュビル崩落事故の悲劇!原因は?事故のその後について

2013年4月24日、バングラデシュの首都 ダッカの商業ビル「ラナ・プラザ」が 崩壊するという大事故が起こりました。 この事故による死者は1127人、負傷者は 2500人という未曾有の大惨事となりまし …