KNOWLEDGE-知識の泉-

知りたいことはここでリサーチ!

文化

大城和恵(国際山岳医)について!夫は?経歴や出身についても!

投稿日:

日本初の国際山岳医として
活躍されている大城和恵さん。

登山者のための専門医として
幅広く活動されています。

スポンサードリンク

プロフィールについて

大城さんは長野県長野市の出身。

日本大学医学部を卒業。

現在、独身とのこと。

医師となるきっかけは病気がちだった母親の
病院について行ったことなのだそうです。

身内の病気がきっかけで医師を目指す方も
けっこういますよね。

また、ご両親の趣味が登山だったことで
自身も山に登るようになったのだそうです。

大学を卒業後は附属病院で
内科医として勤務。

その後、心臓について学びたいと思い
心臓血管センター北海道大野病院に
移ります。

同病院に勤務して数年後、夏休みに訪れた
ネパールで登山を楽しんでいると、高山病に
襲われた登山者と遭遇。

水を与えるなどの対処をしたものの、
高山病に関する知識がほとんどなかったため
治療らしいことはできませんでした。

その経験から大城さんは山の医療について
学びたいと思うようになり、病院を退職。

病院まで辞めるって、相当に強い
思いがあったんでしょうね。

退職後は病院でアルバイトしながら
勉強やトレーニングの登山に
励んでいたのだそうです。

そうして1年かけて
「国際山岳医」の資格を取得。

以前、勤務していた心臓血管センター
北海道大野病院から「戻らないか」という
オファーもあって復職します。

さらには病院側で「登山外来」という
診療科も設けてくれたのだとか。

じつに太っ腹ですね。

大城さんは現在も同病院に
勤務しています。

2015102301

国際山岳医の仕事

国際山岳医としての大城さんの仕事は
登山者の登山前の診療、登山後の負傷や
病状を診たりもするのだそうです。

また、携帯電話で救助隊に処置の指示を
出したり、山の診療所で治療を行ったりも
しているそうです。

登山者の健康管理の
全般を診ているんですね。

またエベレストの最高齢登頂者でもある
三浦雄一郎さんに帯同したり、あの
お笑い芸人のイモトアヤコさんの登山にも
帯同したことがあるのだそうです。

三浦さんやイモトさんが登頂を成功させた
陰には、じつは大城さんのサポートが
あったんですね。

そんな大城さんには山岳医としてやはり
遭難者を減らしたいという思いがある
のだとか。

まぁ大城さんのような山の専門医が
いるからといって無茶な登山をしても
大丈夫というわけではないですからね。

事前に登山ができる体調かチェックして
もらうことや、登山中に体調の異変を
感じたら、無理せず下山を決断する
ことなど、遭難を予防することも
重要ですよね。

大城さんは登山者に向けた啓発活動や
講演なども行って遭難を減らす取り組みを
積極的に行っているのだそうです。

頭が下がりますね。

また、実際に山へ登っていないと分からない
ことも多いため、今でも自分で登山している
という大城さん。

何事も現場が第一ですからね。

山岳医療への意欲とともに自らもまだ
登りたい山があるとも語っています。

医師でもありますが、
もう立派な登山家ですね。

ぜひ日本初の山岳医としてこれからも
登山者のため活躍していただきたいですね。

-文化

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ジョン・リアダン(銀行家)のwiki!ベトナム人を救った英雄!

ベトナム戦争の際、105人ものベトナム人を 救い出した銀行家のジョン・リアダンさん。 その英雄譚が世間の知られるようになった のは2013年に放送されたテレビ番組が きっかけだったのだそうです。

新竹積(沖縄科学技術大学院大学)のwiki!出身大学は?海流発電に挑戦!

沖縄科学技術大学院大学の教授で、 現在、海流発電の研究に取り組む 新竹積(しんたけ つもる)さん。 じつは原子核や素粒子の実験などに使われる 加速器の研究において世界的な権威でも いらっしゃいます。

小林レイ子さん(看護師)のプロフィール!出身校は?バングラデシュで活躍!

バングラデシュの病院で看護師として 活躍している小林レイ子さん。 豊富な経験を生かして現地の若い 看護師たちに指導を行っています。

伊藤梅子のWiki!有名な良妻賢母!お墓はどこに?子供や子孫についても!

日本の初代総理大臣である 伊藤博文の妻・梅子。 非常に聡明な女性で、 博文を陰から支えた 良妻だったのだそうです。

市瀬朝一さんの苦悩の物語!犯罪被害給付金制度の創設への取り組み

横浜に住んでいた市瀬朝一さんは 町工場の経営者でした。 自分の跡を息子さんに継がせるつもりで いましたが、ある日、その息子さんが 突然の凶刃に倒れてしまいます。